WORKSHIP COLUMN Vol.13


■「ちいさな日本列島」

 
 休日を一日使い、日帰りで旅行に行ってきました。
 伊丹空港から国内線に乗り、飛行機が旋回し始めた頃。窓から見える景色がこちら。

ミニミニ日本列島です。
 正体は、空港のすぐそばにある昆陽池公園内の人工島です。大きさは250mほど。
 野鳥のための島で、上陸することはできないそう。
 地上からは認識することのできないその姿。近隣に空港があるからこそのユニークなランドスケープデザインだなと感じました。

昆陽池公園といえば伊丹市の昆虫館!
 昆虫大好きだった幼少の頃によく訪れていました。温室を舞う白い蝶や、金色に輝くさなぎが展示されているのがとにかく印象的で…。
 そんなチョウ温室。今年から長期の改修工事に入るようです。
 改修に入る前に改めて訪れたいなと、飛行機の中でちいさな日本を眺めながら思いました。

(肝心の旅先である博多の写真をほとんど撮りそびれてしまいました…!ご飯が非常に美味しかったです)

執筆者:宮地 果琳

ページのトップへ戻る