WORKSHIP COLUMN Vol.03


■街が映画

映画が好きです。
趣味のひとつとして1人映画をよくするのですが、ここ3年ではグサヴィエ・ドラン監督作品がとても充実していて私の中では好きな映画の上位を占めています。
中でも「mammy/マミー」はとてもお気に入りなのですが、劇中にでてくるワンシーンが会社のある大阪市中央区の道に似ているのです。

主人公のスティーヴが両手を広げ自分の心の晴れやかさを表現するのですが、この道を通る度手を広げたいのをぐっと我慢しています。いい大人なのでね…中央区北部は浪漫ある建築物が多いので映画のシーンと重ねてお散歩するのもいいですね。

執筆者:徳山 すずな

ページのトップへ戻る